読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番は健康 blog

健康管理士指導員の体験談と病の情報を載せます

1番健康

エコノミー症候群は、飛行機以外でも起きる!?

www.moa-style.com

 

健康管理士指導員の仕事をしています「1番は健康」です

~「日々の対策が健康への近道」~
 

[http://
にほんブログ村:title]

 

[http://
にほんブログ村:title]

 

リンパ管
●静脈で運びきりなかった老廃物や余分な水分を集め静脈へ
リンパは、重力に影響しやすい為、ほっておくと、足のむくみの原因になりやすなります、
マッサージをしましょう
 
 
リンパに関わる病気とは?
 リンパ液は、全身を巡っている為、リンパの不調による症状は全身のどの部分でも起きます
 
【エコノミー症候群は、飛行機以外でも起きる】

f:id:itibankenkou:20160330151935j:plain


海外旅行などに行く際、飛行機内で同じ姿勢を取り続けることで起きる病気「エコノミー症候群」
 
7時間のフライトで発症頻度が高くなるとされています
 
上空における飛行機の気圧は、地上での1気圧よりかなり低くなっています(1万メートル上空で0,85気圧
 
その結果、皮膚の下にある管壁の薄い静脈やリンパ管が引っ張られ、風船が膨らんだような状態になる事で血液やリンパ液の流れが悪くなってしまいます
 
エコノミー症候群は、飛行機が上空で飛んでいる時より、着陸して長時間の着座姿勢から解放され、立ち上がって歩き始めたときの方危険とされています
 
なぜ?
 
筋ポンプ作用によって、下半身の静脈の血液が急に流れ始める為です
 
その際に、血管内に血栓があると、それが一気に肺に到達して血管を詰まらせ血栓を起こして死に至る場合もあります
 
ちょっと前には、有名なサッカー選手がなった事もありましたね
 
血管を詰まらせるのは、全身どこで起きます、たしかこのサッカー選手は足の血流が不足したもの
 
この症状は、飛行機のエコノミークラスの乗客に多いのですが、ファースト・ビジネス・列車・バス・タクシーなどに長時間乗っている際にも発症します
 
長時間同じ姿勢をする場合は、深呼吸をする、かかとを上げ下げするなど、こまめに体を動かす事が大切です
 
また、血栓を起こさないように、食事などで、分解出来る酵素を飲んでいくことも必要です
 
体にとって5年後、10年後も健康な体に!!
しっかりと考え、酵素の力で分解吸収をしましょう
活性酸素を除去し・油・タンパクなど分解しましょう
まずは、全ての基本酵素を口から入れること が重要です
健康の基本「食べる・飲む・吸う」
全てにおいて酵素が使われている!
 質の良い酵素とは、
活性酸素を除去脂質(油)・タンパク(でんぷん)・が分解が出来る、また、メンタルバランスも整え・消化酵素がふんだんで便秘解消も出来る
 
 
 

[http://:title]

 

[http://:title]