読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番は健康 blog

健康管理士指導員の体験談と病の情報を載せます

1番健康

沈黙の臓器・ある日突然起こる!肝硬変 最近、疲れが抜けない、すぐに酔う、胸焼けする、

 
健康管理士指導員の仕事をしています「1番は健康」です
~「健康管理をしていく上で体の構造や働きに対する知識を得て日頃から体の中で起こっている現象に対して意識を持つことが重要」~
 

[http://
にほんブログ村:title]

 

[http://
にほんブログ村:title]

 

【肝臓について】
肝臓が500以上の化学反応を起こして、私たちの生命を支えてくれる重要な臓器で、生体の化学工場に例えられています。
日々黙々と休むことなく働き続け、多少無理をしても痛みなどの症状が出にくく、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。
肝臓の働きについて
肝臓の働きは、大きく分けて{①代謝・②解毒③胆汁生産}の3つに分かれます。
 
    肝 硬 変   
 
 肝硬変は、肝臓が委縮して硬くなり、ツルツルとした滑らかな表面がデコボコになった状態です。
 
しかし実際の検査で超音波検査CT検査だけでは肝硬変の診断がつきにくく画像診断と合わせて線維化マーカーである血小板の数が10万以下であれば、肝硬変の疑いが高まります。
 
肝硬変は、ほとんどがウイルス性肝炎が長期間続くことで発症します。
アルコール性肝炎によって肝硬変に進行する場合もありますが、日本では、アルコール性の肝硬変は10%ほどです。(だからと言って、甘く考えないように!)

f:id:itibankenkou:20160510111259j:plain


肝硬変は、肝機能がある程度保たれている代償期肝機能障害が進行した非代償期に分けられます。
 
代償期では、自覚症状がほとんどありませんが
 
非代償期では、黄疸腹水肝性脳症を中心とした症状合併症が現れてきます
 
肝がん へも進行しやすいので注意が必要です。
 
肝硬変によって肝臓の機能が低下して代謝機能に障害が生じるとアンモニアなどの有害物質が肝臓で処理出来ずに、そのまま血流に乗って脳へ運ばれ、意識障害手首から手先にかけてピクピクと震える”羽ばたき振戦”がみられる肝性脳症を起こしたり、胆汁色素であるビリルビンの代謝ができずに起こる黄疸がみられます。
 
よく言いますよね、顔が白目が黄色くなると肝臓と・・
 
胆汁色素のビリルビンが体中にみられてしまうからですね。
 
この様にならないように、肝臓を元気にしましょう、ただでさえ、最近は、空気が大気汚染などで汚れているから、しっかりと酵素を取り入れましょう。
 
食事からの栄養素を、しっかり分解・合成が必要!
だから、酵素が必要です

[http://:title]

 

[http://:title]