読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番は健康 blog

健康管理士指導員の体験談と病の情報を載せます

1番健康

肝臓ガンの治療法 肝移植!!

 
健康管理士指導員の仕事をしています「1番は健康」です
~「健康管理をしていく上で体の構造や働きに対する知識を得て日頃から体の中で起こっている現象に対して意識を持つことが重要」~
 

  

 

  

【肝臓について】
肝臓が500以上の化学反応を起こして、私たちの生命を支えてくれる重要な臓器で、生体の化学工場に例えられています。
日々黙々と休むことなく働き続け、多少無理をしても痛みなどの症状が出にくく、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。
肝臓の働きについて
肝臓の働きは、大きく分けて{①代謝・②解毒③胆汁生産}の3つに分かれます。
  肝 臓 が ん 
 日本人の肝臓ガンの死亡率は年々減少傾向にありますが、ガンでの死亡率は、男性:4位女性:6位となっています。(2011年統計) 
  肝 細 胞 ガ ン
 肝細胞ガンの1番大きな原因は、
 B型肝炎ウイルスが15%
ウイルス性肝炎から発生する肝細胞ガンは約90%になります

 

 

f:id:itibankenkou:20160513151855j:plain

「治療法:肝移植」
 
肝障害度   :C
腫瘍の数   :1~3個
腫瘍の大きさ:3cm以内、腫瘍の数が1個5cm以内
治療法    :肝移植
 
この基準をミラノ基準と言います
 
肝移植には、脳死判定を受けた人から肝臓を移植する方法と、生体から肝臓の1部を部分的に移植する方法があります。
 
日本では、生体部分肝移植が多く行われています。
生体肝移植の肝臓の提供者(ドナー)は親族が望ましく、同じ血液型であると術後はさらに良好になります。
2010年7月に臓器移植法が改正され、本人の臓器提供の意思が不明な場合にも家族の承諾があれば臓器の提供が出来るようになり、これによって15歳未満で脳死判定を受けた人からでも臓器提供も可能になりました。
 
この法改正で今後は肝移植を行う人が増えるのではないかと予測されています。
 
何より、健康への1番の配慮は 肝 臓  です。
 
肝臓の負担を軽減しよう!
 

[http://:title]

 

[http://:title]