読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番は健康 blog

健康管理士指導員の体験談と病の情報を載せます

1番健康

B型肝炎の場合には、核酸アナログ製剤が主役!?

www.moa-style.com

健康管理士指導員の仕事をしています「1番は健康」です
~「健康管理をしていく上で体の構造や働きに対する知識を得て日頃から体の中で起こっている現象に対して意識を持つことが重要」~
 

  

 

  

ウイルス性肝炎について!
肝炎とは、肝臓の負担などで、働き過ぎや機能低下によってまた、など様々な理由で肝臓に炎症が起こり発熱や黄疸、倦怠感といった症状が出る病気です。
日本人の肝炎の80%がウイルスによるものと言われています残りの部分20%は、肝臓の疲労・機能低下・脂肪肝などなど。
B型肝炎の治療法
②核酸アナログ製剤
③肝庇護療法(カンヒゴ)
 
 

f:id:itibankenkou:20160423133918j:plain

 
 
② 核酸アナログ製剤
 
 B型肝炎ウイルスのDNA合成を阻害する事でウイルスの増殖を抑える薬です。
 
インターフェロン療法はC型肝炎に特に有効ですが、B型肝炎の場合にはC型肝炎ほどの効果が出ないため核酸アナログ製剤が主役となります
 
 核酸アナログ製剤は、治療効果が高く副作用もインターフェロン療法より比較的少ない とされていますが、服用を中止すると肝炎が悪化することがあるので、いったん飲み始めると服用をやめることが難しくなります。
 
また、耐性ウイルスが生じたり、胎児への影響が懸念されている為、治療開始には専門医の判断が必要になります。
 
よく相談する事が重要です。
 
ペットにも酵素は重要です、人間と同じ!
長く切る為にも、食事と一緒に酵素を食べさせましょう。
* 肝臓負担を軽減するために!!
* 分解・合成が出来る酵素を飲みましょう。!!
 
脂質異常症の方・メタボの方・痩せたい方・脂肪肝の方・ストレスが多い方・糖尿病の方・便秘症の方・肌の老化の方・美肌になりたい方・動脈硬化の方などなどおすすめです。
 

[http://:title]

 

[http://:title]