読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番は健康 blog

健康管理士指導員の体験談と病の情報を載せます

1番健康

糖尿病 重症化防止へ本腰 埼玉県

 
健康管理士指導員の仕事をしています「1番は健康」です
~「健康管理をしていく上で体の構造や働きに対する知識を得て日頃から体の中で起こっている現象に対して意識を持つことが重要」~
 

[http://
にほんブログ村:title]

 

[http://
にほんブログ村:title]

 

今日は、私が読んでいる新聞、朝日の埼玉版に載っていた記事です。
 
私の仕事上、約80%が糖尿病の方とお付き合いしていますので、気になり読みました。
 
【糖尿病 重症化防止へ本腰】
 
〈受診呼びかけ 県、40市町に拡大〉
 
県は、糖尿病が重症化するおそれのある県民向けに、手紙や電話で受信を勧める活動について、今年度から対象自治体を40市町に広げる。
 
2014年度以降、計30市町で実地したところ、受信者の増加や患者の健康状態の改善など一定の改善が表れたためとしている。
 

f:id:itibankenkou:20160423133351j:plain

*私の意見
 やはり、手遅れにならないようにしないといけないので受診は、進めていかなくてはいけない
しかし、受診すれば、薬で症状が改善するのは当たり前、「一定の改善が現れた」の表現は、どうだろう?
 
受信している方が、薬を飲み続けている方の、重症化は、考えていないのか?
薬を飲み始めや変更数の増加は、改善して当たり前、本来は、病院で検査をして、薬だけで、数値が下がって満足させてはいけない、
次は、薬なしでもいままでの数値にしないといけない事を、医者など病院関係者がやらないといけない、
 
私も、頑張っています、
自然も物で体に負担にならないもので、改善する物を活用している、
 
 
血流障害を起こさないためにも、食事も気を付けなければなりません、酵素が1番ですよ、
食事からの栄養素を、しっかり分解・合成が必要!
だから、酵素が必要です
 
 
 

[http://:title]

 

[http://:title]